中学英語で言いたいことが24時間話せる!〈Part2〉―秘訣初公開 |市橋 敬三

中学英語で言いたいことが24時間話せる!〈Part2〉―秘訣初公開中学英語で言いたいことが24時間話せる!〈Part2〉―秘訣初公開
市橋 敬三
南雲堂 刊
発売日 2000-12
価格:¥1,680(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送



良質の例文で会話力を伸ばす。
リーディングやリスニングに比べて、自習が難しいのがスピーキングです。そ
の結果、TOEICやTOEFLではかなりの高得点を取れるのに、会話となるとサッパ
リ、という人は少なくないと思います。実は私もそうでした。そんな人に強力
にお勧めしたいのが本書です。
本書のコンセプトは至って単純です。中学英語レベルの基本文型を徹底的に音
読することで、これらの文型が反射的に口をついて出てくるようにするという
ものです。
音読を中心とした学習自体は今日では特に珍しいものではないかもしれません
が、本書は以下の点で抜きん出ていると思います。
○同じ文型の例文が7つ程度ずつ列挙されているので、リズミカルに音読でき
る。
○例文がいずれも短く、印象に残りやすい。
○例文の内容が良い意味で教科書的でなく、大学生や社会人でも興味を持って
続けられる。
○実用的な口語表現が多数含まれており、かなり知識のある人でも色々と発見
がある。
○英文のみをナチュラルスピードで読み上げたCDが付属しているので、シャ
ドーイングに利用できる。
本書は既にリーディングやリスニングがある程度できる人が、会話力を伸ばす
ために使用する教材です。中学英語を本当にイチからやり直したいという人
は、本書ではなく、別の本(例えば「英文法がはじめからわかる本」(学習研
究社刊))を使うべきでしょう。また、付属のCDは容赦のないナチュラルス
ピードですから、リスニング力に自信のない人は、他の本でディクテーション
等の訓練をしてから本書に取り組んだ方が効果が上がると思います。更に、本
書の文法解説は著者独自の非標準的なものが少なくない(特に関係詞の項)た
め、本書に文法書としての役割を期待するのもお勧めしません。
なお、著者は似たような教材を多数執筆しており、どれを選んだらよいか悩む
人もいるかもしれませんが、個人的には本書上下2巻がベストだと思います。
「話すための英文法」(研究社刊)シリーズはコンパクトにまとまったロング
セラーですが、音声教材が別売のカセットしかなく、全て揃えるとやや高価で
す。近刊の「TOEIC速習本」(南雲堂刊)はレイアウトが見やすくてよい
のですが、全部で9冊もあり内容に重複が多いように思います。勿論、既にこ
れらの教材で学習を始めている人は、わざわざ「中学英語で…」に乗り換える
必要はありません。そのまま続けるべきです。
本書は上下2巻のうちの下巻で、約800の英文が収録されています。


さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by zoom | Book

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。